横浜元町「元町・中華街駅」の面白い・写真映えカフェ、おいしいスイーツ店

2021年4月22日から開業予定のロープウェイで、ますます盛り上がるみなとみらいエリア。

今回はそのみなとみらいから目と鼻の先にある元町中華街エリアにスポットをあてて、写真映えするカフェ、面白いカフェ、おいしいスイーツなどを紹介したいと思います!

パティスリーパブロフ元町本店

かわいいものが好きな女の子を連れて行くと、とても喜ばれるカフェが元町・中華街駅から歩いて1分の「パティスリーパブロフ」横浜元町本店。

パブロフと言えば、写真映えする甘いパウンドケーキやケークサレ、クグロフのお店で、実は都内でもお店が出ていたりするのですが、元町本店はとにかくカフェがかわいい!

パリの老舗カフェを思わせる異国情緒を醸し出す雰囲気で、なんとも元町らしい、特別な時間を演出してくれるカフェなんです。

カフェメニューなどは、LINEトラベルの記事で詳しく紹介しているので、気になる人は読んでみてくださいね。

LINEトラベルjp 旅行ガイド

幕末の開国港であった横浜の元町エリアは、異国情緒あふれる大人っぽくてクラシカルなお店が似合う街。そんな元町の一角に、パリ…

横浜元町・喜久家(KIKUYA)

出典:横浜・元町・喜久家オフィシャルサイト

元町を代表するお土産の一つ「ラムボール」を作っている喜久家(きくや)。創業1924年、大正13年という長い歴史を誇るカフェは、川端康成や中島敦といった文豪たちが通っていたことも。

創業当初は、外国人居留地だった元町で洋菓子を作れるお店として、かなり重宝されていたお店なんですよ。喜久家も元町山手エリアならではの洋菓子店ですね。

名物のラムボールはどこかの国のお菓子などではなく喜久家オリジナルのもので、ラム酒に漬け込んだレーズンなどが入ったケーキをチョコレートでコーティングしたゴルフボール大のお菓子。

※ラムボールはテイクアウトしたものです。

舌にほんのり刺激が残る程度にお酒がきいた大人のお菓子で、大きくはないのにラムボール一つでブラックコーヒー2杯はいけるボリューム感があります。長い歴史の中で残ってきただけあって、おいしいですよ!

喜久家はラムボールだけでなく、ハニーケーキやレモンパイといったお菓子も人気。ちなみにカフェはありませんが、横浜駅のジョイナスでもラムボールなどが販売されていますよ。今回の写真もジョイナスさんで撮影させていただきました。

横浜山手・洋菓子えの木てい

横浜山手にある「えの木てい」は西洋館のカフェ。英国式の洋館は、昭和初期にはアメリカ人検事が住んでいた家で、当時の風情がそのままに残されている建築物が魅力。

えの木ていの看板メニューは「チェリーサンド」なのですが、実は三越伊勢丹やオンライン販売などで購入することができるので、お店に行くなら事前(3日前)に予約をしてアフタヌーンティーなどを楽しんでみてくださいね。

店内はおとぎ話に出てきそうな、少し古めかしいながらもかわいい佇まい。2階の個室使用料2000円を払えば、暖炉のある西洋館のお部屋で貸切もできちゃいます。

バラやチェリーを使ったスイーツを得意としていて、お土産には箱がかわいいジュエリーBOXクッキーが人気です!

カフェに行くまではわりと急な坂を上っていかなければいけないのですが、えの木ていの近くは他にも西洋館が集まっているので、散策にも最適ですよ。

しょうゆきゃふぇ横浜元町店

NAMAプリンとしょうゆパンが有名な「しょうゆきゃふぇ」は、2019年に山手西洋館のエリスマン邸から、元町・中華街駅から歩いて2分のところに移転しました。

生プリンは、まさに作られる前の火が通っていない状態のプリンで、テーブルで生の黄身を落として、カラメルソースをかけることで仕上がります。見た目も味もインパクト大のスイーツ!

TVや数々の雑誌で紹介されているプリン。いやプリンというとまたちょっと違うスイーツじゃないかと思いますので、ご自身の舌で体感してみてくださいね。

またお土産にも人気なのが、富士山の湧き水で仕込んだ醤油を使った香ばしい「醤油パン」。ワサビとバターをつけて食べるのがお店のおすすめで、店内では醤油パンを使ったマグロサンドやしらすサンドが食べられますよ。

醤油パンは数量限定で売り切れることも多いので、注意してくださいね。

STAR JEWELRY CAFE & Chocolatier

横浜元町で最も都会的なカフェだという印象があるのが「STAR JEWELRY CAFE & Chocolatier(スタージュエリーカフェアンドショコラティエ)」。

1946年、元町創業のスタージュエリーが運営する唯一のカフェです。お店はスタージュエリーのイメージ通り、高級感と品の良さが漂う雰囲気。なのに、ランチは千円代とそんなに高くないのが嬉しいところ!

チョコレート専門店ということで、お店は白を基調にショコラブラウンがアクセントとなっていますよ。

ただオーガニック系野菜中心の料理なので、男性には物足りないかも?ちなみにカップルだったら、スタージュエリー元町本店で婚約・結婚指輪を買うと、ブライダルラウンジが使えます!(土日祝のみ)

スタージュエリーは元々、山手に住むような外国人のお客さんが多かったんですが、1970年代にハマトラブーム(横浜トラディショナルの略)というのがあって、全国に知れ渡るブランドになっていきました。

元町から近いフェリス女学院のお嬢様たちが、一時期ブームとなったドルフィンリングなんかをスタージュエリーで買っていたそうです。

元町創業のブランドはバッグのキタムラもありますし、横浜元町がバブル時代にはかなりのトレンドスポットだったということが窺えますね!

美女と野獣のカフェ&レストラン Beauty & the Beast

横浜元町で「面白い」カフェということで、元町には珍しいコンセプトカフェも一件ご紹介。

バラの名所である山手エリアにほど近い、このエリアならではのコンセプトカフェは、「美女と野獣のカフェ&レストラン Beauty & the Beast」。ディズニー映画でもおなじみ「美女と野獣」の世界観が楽しめるカフェです。

物語がテーマになっていますが、実際にカフェにはベルや野獣は姿を見せません。そこがディズニーランドと違うところですね。

なので、女性は自分自身がヒロインになった気分でその空間を味わうことができるようになっていますよ。行くときにはベルのような黄色のワンピースを着ていきたくなりますね!

メニューも物語をイメージして用意されるので、コンセプトカフェが好きな女子は一度行ってみると楽しいのではないでしょうか。

元町中華街駅からは歩いて10分、JR石川町駅からは歩いて5分のところにあります。

THE BEACH YOKOHAMAのTeafanny

元町からというと少し歩くのですが、元町・中華街駅から歩いて15分のところにある「THE BEACH YOKOHAMA(ザビーチヨコハマ)」内のカフェ「Teafanny(ティファニー)」。

場所でいうと新山下で、港寄りのところにあります。THE BEACH YOKOHAMAは結婚式場とかのウェディング会場や撮影スタジオをやっているところなんですが、とにかく写真映えするスポット!

THE BEACH YOKOHAMA

ここは、敷地内にビーチを作ってしまっているんです!ビーチチェアで飲食はできないんですが、撮影用にドリンクを持ち込むことは可能なので、リゾート地に来た気分でガンガン写真を撮ることができますよ。

店内もすごくオシャレですし、駅からは港の見える丘公園を突き抜けて観光しながら行けるので、駅からちょっと遠いですが、ぜひ行ってみて欲しいカフェ。

こちらもLINEトラベルで以前に取材させてもらっているので、興味がある人はぜひ記事を読んでみてくださいね。

LINEトラベルjp 旅行ガイド

横浜の新山下にある「Teafanny」は、LAスタイルのビーチガーデンが広がる写真スポット。SNSを中心に話題となってい…

最新情報をチェックしよう!