2022年に流行るスイーツ予想/これから流行るスイーツ候補!

Holiday Talkではこれまでバブル時代から令和までブームになったスイーツや、2000年代から浸透してきたパンの種類について振り返ってきました。

今回は2022年に流行りのスイーツ予想/これから流行るスイーツ候補をあげていきたいと思います!

2022年もコロナの影響が続きますので、いつもとは違う傾向が見られ、どのくらい流行るのか予測しづらいところですが、コロナ疲れで甘いものに逃げたい人達にはとても気になるところですよね。

タピオカの次は何が来るのか、皆さんもぜひ予測しながら読んでみてください!

2022流行予想のスイーツ/ネクストブレイクで注目されているスイーツ

TIRAMISU LABO ティラミスラボ 韓国ティラミス

2022年は過去2年と同じように、お店で提供するスイーツだけでなく、ステイホームによる自宅のホームメイドスイーツも注目されるところがポイント。

完成品のスイーツでも、テイクアウトできるもので写真映えするものは強い傾向にありそうですので、その点も考慮して候補を紹介していきます。2022年にどんなスイーツが流行るのか楽しみですね!

生ドーナツなど進化系ドーナツ

2022年、久しぶりに表参道に長蛇の列を登場させたアマムダコタン。マリトッツォの火付け役と言われる福岡発ベーカリーが、次なるヒット作として展開しているのが生ドーナツ。生といっても、フワフワ生食感のちゃんと火が通っているドーナツです。東京だと生ドーナツ専門店として「I’m donut?」が中目黒にオープンして、たっぷり入ったクリーム入りなど種類が豊富。こちらも連日大行列となっています!クリームをフィリングしたドーナツはトスカーナ地方の「ボンボローニ」とよく似ていて、今後こういった形で他でも販売されていきそうですね。

もう一点、進化系ドーナツとして注目されているのが、韓国の「クァベギ」。もち米のねじってあるドーナツをベースに、形もトッピングもSNS映えしやすくバージョンアップしたものが出回りつつありますよ。

進化系さつまいもスイーツ

& OIMO TOKYO CAFE

さつまいも品種の充実化で、ジワジワと何年もかけて人気が上がっているさつまいもスイーツ。ヘルシーで素材そのものがスイーツのようなテイストのさつまいもは、和とも洋とも相性が良く、女性ウケがいいのが特徴。蜜芋バスクチーズケーキや高級芋菓子「しみず」のお芋チーズテリーヌなど、進化系チーズケーキとの組み合わせがホットです。話題となるスイーツには、熟成系の甘いさつまいもがよく使われています。

あんバターサンド

和の心が宿る小豆に、洋風料理のベースにもなるバターの組み合わせ「あんバター」。「あんマーガリン」などは、東海エリアをはじめとした地域では、昔からあるお馴染みの味。なぜまたあんバターなのかというと、韓国のインスタで厚切りの角切りバターがパンからはみ出すようにサンドされている様子が、映えると人気になり、日本に逆輸入されてきました。

角切りされたバターをかぶりつくという背徳感も調味料のひとつ。日本らしい甘塩っぱい系スイーツですので、今後期待される派生スイーツも楽しみです!

ズコット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

果実園リーベル ランドマーク店(@kajitsuen.landmark)がシェアした投稿

マリトッツォに引き続き、コンビニでもカッサータの販売がされ、イタリアで既にある映えるスイーツが大注目を集める中、「萌え断」ケーキのズコットがネクストスイーツ候補として囁かれています。

ズコットとはフルーツなどがたっぷりクリームにとじこめられたドーム状のケーキで、昔からあるお馴染みスイーツなのですが、見た目の美しさでSNS映えすると再注目。イタリアンスイーツブームで女性を中心にくるのではないかと言われていますよ。

韓国ティラミス

TIRAMISU LABO(ティラミスラボ)韓国ティラミス

韓国ティラミスは、トッピングがかわいらしくてトロトロ食感が楽しめるカップスイーツ。まだまだ専門店は少ないですが都内にも店舗ができ、これからブレイクが期待される注目の食べ歩きスイーツです。

中の層がトッピングに寄って変わってくるので、一つ一つ味が違うのも面白いところ。特にアメリカのZ世代も大好きなオレオティラミスは、海外ウケもよさそう。

写真映えはもちろん、バリエーションも豊かですし、みんなが大好きなティラミスの進化系は実はあまりなかったので、子供から大人まで楽しめるスイーツとして人気を博すのでは。

原宿にオープンしたTIRAMISU LABO(ティラミスラボ)の紹介記事もありますので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

関連記事

Holiday Talkサイト内で、驚愕のアクセス数を誇っている「ネクストブレイクスイーツ」記事。一体タピオカの次に流行るスイーツは何なのか、皆さん気になって仕方ないところではないでしょうか? 今回は新たにネクストブレイクスイーツ候[…]

クロッフル

韓国発のハイブリッドスイーツ「クロッフル」。クロワッサン生地をワッフルメーカーで焼いたもの。食事にもなれるスイーツで、パンケーキの代わりにもなりうる写真映えするスイーツです。ワンハンドスタイルで提供しているお店もありますよ。

サクサク食感がたまらないクロッフル、実はワッフルメーカーがあれば、市販のクロワッサンをサンドして焼けば食べられるので、巣ごもりスイーツにも最適なんです。

ピスタチオスイーツ

ピスタチオスイーツ

今までもずっとあったのですが、2021年に満を持してピスタチオスイーツが人気に。

「ナッツの女王」と呼ばれるほど栄養素が豊富で、写真映えする鮮やかなグリーン、さらにピスタチオ専門店のオープンが相次ぎ、人気のスイーツ食材となりました。

特に成城石井の「ピスタチオプリン」「ピスタチオスプレッド」が話題となり、品薄になるほど!コンビニやファミレスでもピスタチオスイーツが見かけられるようになりましたね。

進化系チーズケーキ

バスクチーズケーキからチーズケーキテリーヌを経て、進化系チーズケーキが注目されています。

進化系チーズケーキは各地、各店で出していて、和風チーズケーキや凍ったまま温めて食べるチーズケーキ、バスクチーズケーキの進化系などなど。日本人はチーズ大好き!な人が多いので、いろいろな食べ方の提案があるとうれしいですよね。

進化系チーズケーキの一つ、凍ったまま温めて食べるチーズケーキの記事もあるので、どんなものか気になる方は読んでみてくださいね。

関連記事

バスクチーズケーキからのチーズケーキテリーヌの流れで、ネクストブレイクのスイーツとして進化系チーズケーキが注目されています。 和風チーズケーキや、今までのチーズケーキに何か新しいものを加えたものなど、いろんなところで本当にいろんなタ[…]

香るアイスチーズケーキ

台湾カステラ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

台湾カステラ 黄白白[公式](@fanpaipai)がシェアした投稿

フワフワで半生の食感が新鮮な台湾カステラは、2016年に韓国で大ヒットしたスイーツ。韓国ではブームが終わってしまっているのですが、理由は主力店が小麦粉・砂糖・卵・牛乳だけで作ると謳っていたのに、TV番組で食用油も添加剤も使っていたと暴露されたという背景があったからです。つまり最初からそんなこと売りにしなければもっとブームは続いていたのかも!?

日本では2021年頃から流行りつつあり、どちらかというとホームメイドスイーツとして流行中です。

進化系プリン

2020年頃からスフレ・プリンやイタリアンプリンなど、コンビニを中心に進化系プリンが流行しました。固めプリンは2022年も継続して流行が予想されています。

流行の背景としてステイホームがあったので、この傾向が続く限りまたコンビニでも買えるお手頃プリンは流行る傾向にあると思います!

カフェでもオリジナルのプリンメニューがあって人気ですし、プリンに関しては各地域で地元の卵や牛乳を使ったプリンもありますし、コロナ明けも続きそうな予感がします!

トゥンカロン(韓国マカロン)

トゥンカロン韓国マカロン)は今までのマカロンとは違い、もっとポップで形も自由なおもちゃのようなマカロン。「太ったマカロン」という意味の韓国語なので、「太っちょマカロン」として販売されていることも。

マカロンの進化系であり、写真映えしていたマカロンよりもさらに写真映えします。やや大きめで食べ応えもあり、若い女性へのプレゼントに人気で、各地に専門店がオープンしていますよ。

高級モンブラン/できたてモンブラン

数年前から、オーダーが入ってから作り始める「できたてモンブラン」というのが流行っています。

関東ではできたてモンブラン専門店というのもいくつかできており、栗の味を引き立てつつしっとりした味わいのあるモンブランが食べられるようになっています。

また渋谷スクランブルスクエアには、フランスから「モリ・ヨシダ・パリ」が2019年11月に上陸しており、1つ900円以上する高級モンブランが販売されています。

通常のモンブランと比べると値段は高いですが、オーナーパティシエはフランスの外務大臣賞を受賞するほどの人ですから、モンブラン好きの人は一度お試しになってはいがかでしょうか。

ここからまたどんな進化系モンブランが出てくるのかも楽しみですね!

マリトッツォ

イタリアの伝統的なお菓子、マリトッツォ。当初は高級マリトッツォがジワジワ来ていましたが、最近ではコンビニでも買えるような庶民派マリトッツォもでてきました。

ブリオッシュ生地のパンを半分に割り、たっぷりの生クリームを挟み込み、フルーツを見せたりするのが写真映えすると人気に。生クリーム系のお菓子なのでどこまで伸びるかなというところですが、日本風にアレンジしたものが出てバリエーションが増えると嬉しいですね!

今まで流行したスイーツの傾向で、写真映えするもの、かつ海外で評価の高かったものが上陸という点で、2022年は韓国やイタリア発のスイーツがヒットするものがあるのではないかと予想しています。

また気になるスイーツやオープンするお店があれば、随時Holiday Talkで紹介していきたいと思います。

今まで流行ってきたスイーツの背景と傾向を分析した記事も書いていますのでよかったら読んでみてくださいね。

関連記事

Holiday Talkでは、バブル時代から流行ってきた懐かしいスイーツを記事で紹介してきました。 こちらでは、今まで流行ってきたスイーツはどんな背景で流行してきたのか、振り返ってみたいと思います。 1.アメリカ、特に[…]

グレーズドドーナツ

またスイーツブームやパンの種類の流行・浸透については、以下の記事を読んでみてくださいね。随時更新しているので、新たな懐かしフードが入っていますよ!

関連記事

コロナイヤーの2020年夏が過ぎる頃、そういえば今年は一度もタピオカを口にしなかったとふと気づきました。 何度もブームがあったタピオカのことを思い出しながら、今までどんなスイーツブームがあって日本のスイーツカルチャーに定着していった[…]

パンケーキ
関連記事

以前Holiday Talkでスイーツブームについて取り上げましたが、パンのブームが結構あることに気づき、今回はパンだけに絞って流行を追ってみたいと思います。 パンだけに焦点をあてるため、今回は一世風靡とまではいかないけれども、わり[…]

バインミー

最新情報をチェックしよう!