鎌倉駅周辺でモーニングサービス/朝食が食べられるカフェ4選

以前にこちらのサイトで鶴岡八幡宮光明寺日比谷花壇大船フラワーセンターなどのハス池を紹介させていただきました。

今回はハス池散策などでせっかく早起きしたなら、ぜひ行ってみて欲しい鎌倉駅周辺モーニングからやっているおすすめのカフェを紹介したいと思います。

鎌倉には朝食からやっているカフェがとても多くあるのですが、その中で筆者が行ったところを中心に紹介していくことになりますのでご了承くださいね。

鎌倉で朝食といえば七里ヶ浜にある「世界一の朝食billsが有名ですが、いまだに朝から混雑して予算が2000円からと少し敷居が高いので、今回は鎌倉駅から歩いてすぐのカフェを中心にあげていきます。

もちろんbillsもあのロケーション雰囲気込みで2000円代なら安いくらいなので、待ってもいいという人はがんばって早起きして行ってみてくださいね!

GARDEN HOUSE(ガーデンハウス)

ガー鎌倉ガーデンハウスエントランス

ガーデンハウスレストラン鎌倉駅から歩いて4分ほどの、木々に囲まれたテラス席が心地よい人気カフェ。紀伊國屋の裏にあります。

駅近くとは思えないリゾート地のような庭がとても爽やかです。

ガーデンハウステラス席

朝食はトーストグラノーラを主とした モーニングセットが550円から。追加料金を払えば鎌倉ベーコン鎌倉ソーセージも食べられます!

朝は9時から10時半までがモーニングの時間帯のようです。時間やメニューなどは変更になっている可能性もあるかもしれません。

ランチも美味しいのでとてもおすすめです!

実はこのガーデンハウス、「フクちゃん」という昭和の人気漫画を描いていた横山隆一氏のアトリエだったところ。

新宿や丸の内にも店舗があり行ったことがあるのですが、鎌倉のガーデンハウスはとにかく雰囲気がよくて、朝が爽やかに過ごせますよ。

スターバックス御成町店

鎌倉まで行ってわざわざスターバックス?と思われるかもしれませんが、御成町店(おなりまち)のスターバックスは少し雰囲気が違います。

御成町のスターバックスにはプール藤棚があるがあるのです。

実はスターバックス御成町店は先程紹介した「フクちゃん」の作者・ 横山隆一氏の邸宅だったところ。

軒先で庭を眺めながらコーヒーが飲める、スターバックスのコンセプトストアなのです。

昔は軒先の下が縁側になって直接座れたと思うのですが、少し前に久しぶりに訪れたらテーブルテラス席になっていました。

縁側は人気の上に席数が少なかったので朝一に行っていたのですが、テーブル席だと少し競争率も和らぎますね。

一番素晴らしい光景に出会えるのは、4月下旬から5月初めの藤と八重桜が同時に咲く季節

天候もよければ日本一美しいスタバの庭に出会えますよ。

散り際にはプールの水面に藤と八重桜の花びらが無数に浮かび、時間を忘れてずっと眺めていられるくらい美しい光景です。

特別にモーニングメニューが用意されているわけではないのですが、朝は8時から営業しています。

スターバックスで御成町店では、葉山の老舗・日陰茶屋の系列店「ラ・マーレ・ド・チャヤ 」のケーキも食べられるんですよ。

葉山の「日陰茶屋」や「ラ・マーレ」は以前にこちらのサイトでも紹介させてもらいましたので、気になる方は読んでみてくださいね。

関連記事

逗子・葉山といえば、逗子海岸、森戸神社(森戸大明神)、神奈川県立近代美術館葉山館など海辺の景勝地も多く、御用邸があることでも知られる都心に近い観光スポット。今回は逗子・葉山でロケーションも料理も満足度の高いレストラン・カフェを紹介します![…]

Under the Palmo

COBAKABA(朝食屋コバカバ)

朝食屋コバカバ」は鎌倉駅から歩いて4分若宮大路沿いにある朝ごはん専門店。朝は7時から、昼は14時までしか営業していません。

野菜が多めの体に優しい和定食を、こじんまりしたオシャレな店内でいただきます。

窓が大きめで朝日を浴びながらの朝食が食べられ、なんとも鎌倉らしいカフェです。

店のイチオシは老舗干物店・越田商店のサバを使った定食(1250円)ですが、820円の卵かけご飯定食やパンメニューなどもありますよ。

土日祝日は朝でも混雑するので、待ち時間覚悟で行ってみてくださいね。

大型連休や紫陽花シーズンの週末なんかは1時間待ちなんてこともあるみたいですよ。

BRUNCH KITCHEN KAMAKURA(ブランチキッチン鎌倉)

ブランチキッチン鎌倉」は鎌倉駅から歩いて5分、小町通りから一本入ったところにあります。

マーサーカフェ系列で店内には暖炉テラスもあるとてもオシャレなカフェです。

開放感のある店内は光が差し込んで、朝はとても爽やか。

ブランチメニューはウニとホタテのオムレツ(1500円)など、ちょっと豪華な内容になりますが、自家製パンもついてきますし、朝昼兼用で行ってみてもいいのではないでしょうか。

ブランチメニューのラストオーダーは16時半までとなっていて、平日は10時からですが土日祝日は9時から営業しています。

残念ながらコロナ対策で臨時休業中なのですが、再開時期はブランチキッチン鎌倉の公式サイトで確認してみてくださいね。

紹介したカフェの中では一番「シャレシャレ」なお店ではあるのですが、鎌倉はこれからも古い街並みの中に新しいものも加わって新たなカルチャーが生まれていく、若い人もご年配の方からも愛される街であってほしいと思います。


「ガーデンハウス」のテラス席

ちなみに小川糸さんの「ツバキ文具店」は鎌倉が舞台の小説で、この記事で紹介した「ガーデンハウス」も出てくるんですよ。

鎌倉が好きな人はぜひ読んでみてくださいね。

鎌倉駅周辺には他にもパフェが売りのカフェや、古民家カフェなど紹介したいところはたくさんあるので、また改めてHoliday Talkで紹介させてもらいます。

冒頭で紹介したハス池についての記事も、よかったらあわせて読んでみてくださいね。

関連記事

7月に見ごろを迎えるハスとスイレン。同じ花だと思っている人もいるくらいとても良く似ている花。違いを言える人も少ないんじゃないかと思います。 ハスは蓮根の花で、スイレンはモネの代表作で有名な花ですよね。 どちらも水辺に咲いて、同[…]

ハス
ガー鎌倉ガーデンハウスエントランス
最新情報をチェックしよう!