超濃厚!熟成ゴルゴンゾーラの「生ブルーチーズケーキAO(青)」

ネット販売でのお取り寄せと、期間限定で百貨店などの一角で販売されている「生ブルーチーズケーキAO/青」をご存じでしょうか?

今回は、発売初日に1分間で100個を完売させたという生ブルーチーズケーキAO/青を実際に取り寄せてみた率直な感想と商品の紹介をレポートします!

現在販売されているのは2種類

「生ブルーチーズケーキAO/青」では、現在2種類の生ブルーチーズケーキを販売しています。一つが定番のAo(青)と、定番よりブルーチーズが150%増量しているKoi Ao(濃い青)がもう一つ。

お値段は定番が2480円、濃い青が3024円。どっちか迷うなら絶対に濃い青の方をおすすめします!定番だけ買っても、結局次に濃い青を食べたくなりますから。

上の写真は「Koi Ao/濃い青」の方です。大きさはどちらも一緒なのですが、みたからにブルーチーズの主張が強いので、ブルーチーズ好きには大満足の逸品です!

クセが強い!だから美味しい!

好き嫌いの激しいブルーチーズですが、好きな人は本当にブルーチーズ好きですよね。生ブルーチーズケーキAO/青を販売しているオペレーションファクトリーでは、100日以上熟成したゴルゴンゾーラチーズを使用しています。

それだけにかなり満足度の高いチーズケーキ。正直、ブルーチーズ感を求めるならブルーチーズを買えばいいんじゃないかと最初は様子見だったのですが、口コミなどでやっぱりどうしても気になるので取り寄せしました。

送料入れると4000円超えてしまうのですが、率直な感想として「買ってよかった!」と心から思えるチーズケーキ。もちろんもっと安ければとは願いますが、値段に納得できる内容でした。

予想以上にブルーチーズ感が口の中に広がって、クリームチーズの甘さの後にゴルゴンゾーラの塩気が余韻で残り、後味に恍惚とします。表面だけかと思いきや、わりと中心部までしっかりブルーチーズが入っていますよ。

食感の滑らかさもいいですし、ブルーチーズ本体だけで味わうより、こちらの生ブルーチーズケーキで食べた方が、より複雑な味わいが楽しめます!

ゴルゴンゾーラは辛口タイプの「ピカンテ」を使用

ゴルゴンゾーラチーズには甘めのドルチェタイプと、辛めのピカンテタイプがあるのですが、生ブルーチーズケーキAO/青はピカンテタイプを使用。

ピカンテタイプの方が味わいが強いんですよね。普通に食べると固いので、だからこそ食感も滑らかな生ブルーチーズケーキにする意味があるんです!

フルーティーなタイプより、コクの深い赤ワインとのマリアージュが楽しめますよ。

生ブルーチーズケーキAO/青はどうやって食べるのがおすすめ?

クール便で届いたら、冷蔵庫で5~7時間解凍すると食べられます。生ブルーチーズケーキAO/青の公式サイトですすめられているアレンジは、生ハム・はちみつ・オリーブオイル・ナッツ・ドライフルーツです。

生ハムと食べるなら、オリーブオイル以外に黒胡椒をかけてしまうのもアリですよ。

いちじくやりんごみたいな生フルーツと合わせるのもいいですよね。あとは甘めのフルーツトマトとか。お酒のペアリングもいいですし、コーヒーでも炭酸水でも愛称は抜群!

でももちろん一番最初は単体のみで味わってくださいね。公式サイトでは1センチに切ると書かれてますが、2センチくらい大胆にカットして口の中いっぱいにブルーチーズを味わうのがおすすめです。

通販で購入できます!

オペレーションファクトリーの「Ao(青)」は、2021年3月時点で常設店はないようで、ポップアップショップかインターネット販売のお取り寄せのみ可能です。

一応お断りなのですが、オペレーションファクトリーから依頼されて書いている記事ではありませんので、どれだけ売れてもこの記事とは全く関係はありません。

オペレーションファクトリーオンラインショップ powered by BASE

【ブルーチーズケーキAo】【-35℃瞬間冷凍シュークリーム】【チューチュープリン】を販売しています。大切な方へのギフト・…

最新情報をチェックしよう!