凍ったまま温めて食べる進化系チーズケーキ「香るアイスチーズケーキ」

バスクチーズケーキからのチーズケーキテリーヌの流れで、ネクストブレイクのスイーツとして進化系チーズケーキが注目されています。

和風チーズケーキや、今までのチーズケーキに何か新しいものを加えたものなど、いろんなところで本当にいろんなタイプのものが出ているのですが、今回はその中で「香るアイスチーズケーキ」をピックアップして紹介させてもらいます!

「香るアイスチーズケーキ」ってどんなもの?

香るアイスチーズケーキ

香るアイスチーズケーキは、恵比寿の隠れ家カフェ「café&dining nurikabe(ヌリカベ)」で人気の「香るチーズケーキ」シリーズがお取り寄せで食べられるようになったチーズケーキです。

上がレアチーズケーキ、下がベイクドチーズケーキの2層になっていて、トップにカソナード(ブラウンシュガー)をまぶし、オーブントースターで温めてキャラメリゼさせて食べます。上の写真は温める前の状態です。

凍った状態からキャラメリゼさせることで、アイスケーキのような食感を楽しむことができるチーズケーキ。2層になっているのはこれまでもありましたが、家でもキャラメリゼが楽しめるのはうれしいところ。

ちなみに記事を書くにあたって、nurikabeさんより商品の紹介などご協力をいただいているのですが、進化系チーズケーキとして記事を書かせてもらいたいと依頼し、実際に食べてみて、おすすめしたいと思って紹介させてもらいます!

お取り寄せで食べられる「香るアイスチーズケーキ」

香るアイスチーズケーキ

香るアイスチーズケーキは冷凍便で取り寄せが可能です。すごくありがたいと思ったポイントは解凍時間が不要というところ!

届いたらすぐに食べられるケーキって実は少ないんですよね。冷凍庫に常備しておいて、食べたくなったら食べることができるケーキなんです。

香るアイスチーズケーキのプレーンと抹茶が入ったミックスは、こんな感じで届きます。

香るアイスチーズケーキ

茶色のパウダーは別添えのカソナード。作り方の手引きも入っているので、この通り進めていけば簡単。

家でどうやってキャラメリゼするかというところなんですが、バーナーじゃなくてもオーブントースターでOKなんです。時間さえ注意しておけば、魚焼きグリルでもできますよ!

カソナードをトップにまんべなくまぶして、火にかけている間はできるだけはりつき、焼けていく様子を観察しながら待つのが楽しくておすすめ。

プレーンの「香るアイスチーズケーキ」

香るアイスチーズケーキ プレーン

温める前に少し動かしてしまったみたいで、カソナードが少しよってしまっていましたが、ちゃんとキャラメリゼできました!

凍ったまま温めるチーズケーキは、進化系チーズケーキというジャンルにふさわしく、まさに新感覚。とけかけアイスがケーキになった、上品な雪どけ食感が楽しめます。

スプーンを入れた時にサクッと音がするのも、口の中でサクサク感じる歯触りも面白いです。

キャラメリゼのサクサクと、ベースのクッキー生地もサクサクで、間にトロトロケーキがサンドされ、2層だけど4層の味わいと食感が味わえるようになっているのがポイント!

またこのケーキの特徴は高級感のある香り。鼻で感じる香りと言うより、味わう香りが食べながらジワジワ感じられます。

香りの正体は、バニラビーンズとトンカビーンズ。特にトンカビーンズの香りが印象的で、トロピカルな花をダイレクトに食べているような、華やかな香りが口の中で広がっていきます。

「香るアイスチーズケーキ」ってネーミングは、食べる前はイヤイヤちょっと言いすぎでしょうと思っていたのですが、食べた上でおそらく自分が名前をつけるとしても、同じ名前をつけちゃうのではないかというくらい納得のケーキです。

抹茶の「香るアイスチーズケーキ」

香るアイスチーズケーキ 抹茶

こちらの抹茶味は、2021年9月にTBS「ラヴィット!」でも紹介されたスイーツ!

抹茶の香るアイスチーズケーキには甘納豆が入っていて、プレーンとはまた違った味わいが楽しめます。

静岡県産の抹茶がふんだんに使われた、とろける食感のチーズケーキです。

香るアイスチーズケーキはどちらのテイストも素材にこだわっていて、卵は愛媛県内子町からの取り寄せ品。お米を食べて育った黄身の白い「米っ娘たまご」が使われていたりするんですよ。

初めて香るアイスチーズケーキをお取り寄せするなら、香り豊かなプレーンは絶対食べて欲しいのですが、抹茶が嫌いでなければこちらも一緒に入ったミックスがおすすめ。

どちらも紅茶やコーヒー、もちろん日本茶にも合いますし、アイスクリーム感覚で食べることもできるので、なんなら敢えて水と一緒に食べるのもアリ。

温めてすぐがおいしいですが、冷蔵庫に入れてそのまま解凍して食べても、キャラメリゼの感覚が残っていておいしかったですよ。

今回ご紹介した「香るアイスチーズケーキ」の通販サイトはこちらになります。

<外部サイト>「香るアイスチーズケーキ」の通販サイトリンク

「香るチーズケーキ」を実店舗で食べるならココ

冒頭でも紹介していますが、元々は恵比寿の隠れ家カフェ「café&dining nurikabe(ヌリカベ)」で食べられるデザートメニュー。店舗では目の前で、バーナーで炙って提供されます。食事メニューにも「白いオムライス」など楽しいメニューがありますよ。

恵比寿南にも「café& dining nurikabe+ (ヌリカベ プラス)」があり、こちらでもパスタやデザートを食べられるようになっています。

恵比寿に行く用事があったら、寄ってみては!

2店舗で営業時間は異なるので、参考までに2021年10月中旬時点での営業時間を書いておきます。

店名café&dining nurikabe (ヌリカベ)
住所東京都渋谷区恵比寿南3-1-2 サウスビル 4F
電話03-6451-2022
営業時間12:00~20:00
Instagramhttps://www.instagram.com/nurikabe_ebisu/
店名café&dining nurikabe+ (ヌリカベプラス)
住所東京都渋谷区恵比寿南3-1-25 恵比寿ICE CUBE 地下1階
電話03-6303-1939
営業時間  ランチ  11:30~15:00
ディナー 貸切のみ(10名様~、4,000円(税込)~/人)

この記事のメイン画像は、nurikabeさんからの提供写真となります。ご協力ありがとうございました。

関連記事

Holiday Talkではこれまでバブル時代から令和までブームになったスイーツや、2000年代から浸透してきたパンの種類について振り返ってきました。 今回は2021年に流行りのスイーツ予想/これから流行るスイーツ候補をあげていきた[…]

香るアイスチーズケーキ
最新情報をチェックしよう!