ネクストブレイクスイーツの期待大!韓国ティラミス専門店「TIRAMISU LABO」

Holiday Talkサイト内で、驚愕のアクセス数を誇っている「ネクストブレイクスイーツ」記事。一体タピオカの次に流行るスイーツは何なのか、皆さん気になって仕方ないところではないでしょうか?

今回は新たにネクストブレイクスイーツ候補となる新スイーツの取材をさせていただきましたので、気になる味や評価などについて詳しくレポートをさせてもらいます!

※この記事は筆者自身がネクストブレイクスイーツの候補として期待し、試食会に参加させてもらって書いており、お店から頼まれて記事を書いているわけではありません。

原宿駅にオープン!韓国ティラミス「TIRAMISU LABO」

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ テラス

今回取材させてもらったのは、JR原宿駅から歩いて3分のところにできたティラミス専門店「TIRAMISU LABO(ティラミスラボ)」。2021年3月19日にオープンした店舗のメディア向け先行試食会にお邪魔させてもらいました。

こちらのTIRAMISU LABOは日本発の韓国風ティラミス専門店。韓国にはない、日本オリジナルのお店なのです。店内は写真映えするフォトスポットやテラス席も!

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ ネオン

店内奥にあるパステルカラーのネオン菅ロゴは、韓国っぽさがあふれるかわいらしさ。

ティラミスラボは”ティラミスの研究所”ということで、よく見るとライトの周りは試験管で装飾されていたり、壁が白タイルだったりと、少し研究所の要素が入っているところもポイント。

ネクストブレイク候補の韓国ティラミスとは!?

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ

ネクストブレイクスイーツとして期待が高い韓国ティラミス。本場イタリアのティラミスと韓国ティラミスの大きな違いは何かというと、まずはビジュアル。

韓国風ティラミスはカップに入った、食べ歩きもできるワンハンドタイプ。トップには色とりどりのフルーツやチョコなどがあしらわれていて、とにかくカワイイ!

また食感にも特徴があります。これは日本のティラミスと韓国のティラミスの違いといった方がいいのかもしれないですけど、日本のティラミスに比べて韓国ティラミスはトロトロ、滑らかな舌触り。

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ イチゴティラミス オレオティラミス
(左)オレオティラミス、(右)イチゴティラミス

TIRAMISU LABOのティラミスは、運営している会社がイタリアンレストランを先に手掛けており、そこで働いていたイタリアンシェフが韓国ティラミスを元に考えたオリジナルレシピなのです。

原材料にこだわりがあり、イタリア産マスカルポーネチーズや乳脂肪分42%の北海道産生クリーム、さらにゼラチンではなく寒天を使用していることで、濃厚さ、食感の滑らかさと優しい軽さを実現しています。

お酒が入っていないので、子供でも楽しめるのがいいですね。料金も500円からなので、タピオカミルクティーと同じ値段で買えるのも魅力。原宿で遊ぶ学生のお財布にも優しい価格設定になっているのが嬉しいです。

TIRAMISU LABOの商品ラインアップ

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ ショーケース

2021年3月オープン時点では、オリジナル(500円)、イチゴ(680円)、オレオ(600円)、ブルーベリー(680円)、ショコラ(650円)、抹茶(580円)の6種類。

一番人気はなんといってもオリジナルティラミス。そして次に人気なのが、写真映えするいちごやオレオ。

トップが変わるだけではなく、例えばいちごだったら中の層にもイチゴソースが入っていたり、中の層に入っているものがそれぞれ変わって、楽しめるのが特徴です。

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ イチゴティラミス オレオティラミス フォトスポット

試食会で色々試させてもらいましたが、個人的にはオレオティラミスがオレオのほろ苦いサクサク食感とコーヒーの風味も味わえて、満足度がかなり高かったです。

オレオはアメリカでも再ブレイク中なので、原宿に外国人観光客が戻ったらもっと人気が高まりそうな予感がしますね。

もちろん抹茶のティラミスも面白いですし、正直、どれもそれぞれ味が変わって楽しいので、いくつも試してみたくなります!

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ 抹茶ティラミス
抹茶ティラミス

で、そんな人にはテイクアウトもできるようになっており、保冷材もつけてもらえるので、家に持って帰って後で食べることもできますよ。冷蔵保存なら3日もつとのこと。

今後、季節ごとに新作が出ていく予定とのことなので、原宿に行くたびに寄りたくなるようなお店です。

2021年7月1日から8月31日までは、「桃ティラミス」と「イチジクティラミス」が販売されますよ!

ドリンクにも注目!

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ ダルゴナラテ
ダルゴナラテ

TIRAMISU LABOではドリンクメニューにも注目してほしくて、韓国の砂糖菓子”ダルゴナ”が入ったダルゴナミルクやダルゴナラテも販売しているんです!

韓国SNSではステイホーム期間中に、ダルゴナコーヒーを作ってアップするのが流行していましたが、その”ダルゴナ”です。ダルゴナとはカルメ焼きのことで、ダルゴナコーヒーは色が似ているということでその名前がついたんですね。

友達と一緒に来てみたけど、ティラミスを食べるほどお腹が空いていないという場合におすすめですよ。

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ ダルゴナ

ダルゴナが気になる人は、実はダルゴナのみでも販売しているので、家で試してみることも。

ダルゴナミルクなら、牛乳にダルゴナを入れて溶かすだけの超簡単レシピなので、誰でもすぐできますよ。店内では1袋500円で販売しています。

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ ダルゴナラテ レモネード ドリンク
(左)レモネードソーダ割り(右)ダルゴナラテ

TIRAMISU LABOでは、他に自家製レモネード(水割りとソーダ割り)があって、こちらもイタリアンシェフが考案したオリジナルレシピのドリンクです!

ご参考まで、オープン時点でのメニュー表/価格表は以下の通りです。※2021年3月時点での内容になります。

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ メニュー

韓国ティラミスがネクストブレイクスイーツになる可能性は!?

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ テラス

第4次韓流ブームが来ている中、台湾カステラやトゥンカロンといった他の韓国スイーツの人気に伴ってブレイクとなる可能性は大いにあると思います。

日本人が大好きなチーズを使ったスイーツであること、ティラミスの進化系ともいえる新しさがあること、食感もトロっとしていて、写真映え、トレンド発信スポットの原宿に出店ということことでアイドルスイーツになる要素はちゃんと備わっています!

あとはインスタでどれだけ出回るか、TVなどのメディアでどれだけとりあげられるかで、認知度とともにジワジワ広がるといった感じになるのではないでしょうか。

原宿 韓国ティラミス TIRAMISU LABO ティラミスラボ 

2021年は日本国内でTIRAMISU LABO以外のティラミス専門店がそもそもあまりないので、TIRAMISU LABOは韓国ティラミスのパイオニア的存在の一つになりますね。

お店としてはまだまだコロナが落ち着かない苦難の時期ではあると思うのですが、これからどんな韓国ティラミスが発売されていくのか楽しみなので、がんばってほしいです!

TIRAMISU LABO(ティラミスラボ)基本情報

お店に行く前は、Instagramで営業情報をチェックしてから行ってみてくださいね。今後は新メニューの情報などもInstagramで公開されていくようです!

住所東京都渋谷区神宮前1-15-4バルビゾン76 1-B
アクセスJR原宿駅から徒歩3分
Instagramhttps://www.instagram.com/tiramisulabo/

2021ネクストブレイクスイーツ予想記事については、以下のリンクから読んでみてくださいね。

関連記事

Holiday Talkではこれまでバブル時代から令和までブームになったスイーツや、2000年代から浸透してきたパンの種類について振り返ってきました。 今回は2021年に流行りのスイーツ予想/これから流行るスイーツ候補をあげていきた[…]

最新情報をチェックしよう!